上野でプラセンタ注射を受けられるクリニックまとめ

「肌のハリがなくなってきた」
「シワやシミが気になる」
「疲れがすぐ肌にでる」

 

こんな症状にピッタリなのが、美肌やエイジングケアに効果的と人気のプラセンタ注射です。
プラセンタのサプリやドリンクなど、関連商品はたくさんありますが、一番プラセンタの効果が大きいのはプラセンタ注射でしょう。
注射を打つだけなので入院などする必要もなく、とても簡単に受けられます。

 

とはいえ、価格や安全面など気になることも多いはず。
そこでプラセンタ注射の効果や注意することをまとめました。
上野で安心してプラセンタ注射を受けられるクリニックも紹介しますので、これからクリニック選びをされる方はぜひ参考にしてください。

プラセンタ注射の効果

プラセンタ注射に使うプラセンタとはヒトの胎盤から取れる成分です。
自然治癒力を高めたり活性酸素を取り除くといった効果があり、美容目的で人気の成分ですね。

 

プラセンタはとても高価なためサプリやドリンクでは、馬や豚のプラセンタを使用しているものを多くみかけます。
美容効果のある成分のみを抽出しているためサプリなどで摂取するには問題はありませんが、その効果は限定的。
しかしプラセンタ注射ではプラセンタそのものを直接体内に注入するためヒト由来のプラセンタしか使いません。
その代わり、サプリやドリンクに比べ効果を「より強く」「より早く」実感することができます。

 

本来プラセンタ注射は病気の治療にのみ使われており、医薬品なので病院でしか受けることができません。
厚生労働省が承認している薬剤は2種類です。

  • メルスモン(更年期障害・乳汁分泌不全)
  • ラエンネック(肝機能障害)

ところが、注射を受けた患者さんが持つ他の症状も改善されたことから、主に美容目的で使われることが一般的になってきました。

 

プラセンタ注射で改善された症状の例

  • シミ・シワ・乾燥肌などの肌の衰え
  • アトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギー症状
  • 冷え性などの血行不良による症状
  • 更年期障害・生理痛
  • 自律神経失調症や不眠症
  • 肩こり・腰痛…など

 

女性だけでなく、前立腺肥大や発毛と言った男性特有の悩みにも改善が見られます。

 

お肌が生まれ変わる周期は、一般的に3ヵ月くらいと言われています。
美肌や肌質の改善を目的にプラセンタ注射を受けるのでしたら、医師と相談した上で最低2〜3ヵ月を目安に続けてみてください。

 

 

上野のプラセンタ注射おススメクリニックランキング

湘南美容クリニック

症例実績145,311件。
体験談も多数あり、公式ホームページで読むことができます。
同じ湘南美容クリニックでもプラセンタ注射取り扱っていないところもありますが、上野院では受けられるようです。

    価格(税込)
1アンプル 1回 1,210円
5回 5,670円
10回 10,930円
2アンプル 1回 2,020円
5回 9,720円
10回 17,820円
3アンプル 1回 2,830円
5回 12,150円
10回 22,680円

 

品川美容外科・品川スキンクリニック

高品質で低価格な施術が受けられる大手のクリニックです。
上野には両方のクリニックがあり、どちらでも同じ価格でプラセンタ注射が受けられます。
1回920円(税込価格993円)

 

リオラビューティークリニック

カウンセリングが丁寧だった、説明がわかりやすいなど、口コミから雰囲気のよいクリニックの様子がうかがえます。

 

2アンプル3,000円(税込価格3,240円)

上野で受けるプラセンタ注射の価格

メルスモンは更年期障害、乳汁分泌不全の治療の場合。
ラエンネックは肝機能障害の治療に使われる場合に保険が適用されます。
それ以外の目的なら自由診療です。

 

自由診療の場合、1アンプル(薬が入った小さな瓶)2mlで1本1,000〜2,000円くらいが一般的です。
もっと高額なクリニックもありますが、値段が高いから効果もたかいわけではありません。
中にはビタミンCなどを混ぜて高額になっていることもあります。
効果が高くなるのではと思ってしまいますが、あまり意味はありません。
プラセンタのみの注射をお勧めします。

 

美肌効果を期待するなら最初の1〜2ヵ月はは1週間に1,2回。
その後は1〜2週間に1回くらいが目安です。
1回の注射で使われる量は1〜2アンプル。
1週間に1回、1アンプル打つなら月々4,000〜8,000円かかります。

 

注射なのでかかる時間は10分前後。
仕事帰りや買い物のついでなどに受けられますので、継続して通院しやすいのではないのでしょうか。

プラセンタ注射の副作用

点滴注射の危険性

プラセンタは必ず皮下注射か筋肉注射で打つことになっています。
点滴注射はしないようにと製薬会社の説明書に明記されているんです。
(メルスモンは皮下注射のみ、ラエンネックは筋肉注射か皮下注射)
しかし実際は点滴注射をしているクリニックも存在するようです。

 

点滴注射は血管に直接注射することになります。
そのためショック症状や血圧低下、呼吸困難などが起きるリスクがとても高くなるんです。
そしてプラセンタは分解されることなく血管を通して肝臓に送られます。
すると肝臓にも大きな負担となるので肝炎を起こす原因となるんです。

 

 

ただし、筋肉注射や皮下注射でも副作用が起きないわけではありません。
かゆみや痛みなど、一時的なものもありますが、生理不順やむくみが起きた人もいます。
どのようなものでも合う人、合わない人がいるものです。
症状の改善具合も個人差がありますので、合わないと思ったらすぐに注射をやめましょう。

 

献血・臓器提供ができなくなる

副作用ではありませんが、1回でもプラセンタ注射を受けると献血・臓器提供はできません。
プラセンタは製品となる前に感染症に汚染されていないか充分にチェックされています。
しかし絶対にリスクがゼロとは言い切れないからです。

 

ただしこれは注射のみで、プラセンタサプリを飲んでいても対象にはなりません。